海藻類に含まれているフコイダンについて

フコイダンとは、多糖類という炭水化物の一つです。コンブやワカメ、モズクなどの褐藻類に含まれ、乾燥重量のおよそ10%~47%にもなる主要成分といわれています。また、取り出したアルギン酸をナトリウム塩に変えると、水に溶けて粘りの強いものになり、プリンやゼリーに使われる材料としても知られています。
フコイダンは近年の研究で様々な効果が実証されており、抗がん、抗腫瘍、抗アレルギー、肝機能向上作用などに大きな効果があることが解明されています。また、生活習慣病に対しても非常に効果的なのです。
フコイダンは腸に大きな影響を与えることが分かっています。ピロリ菌を包み込んだまま胃から排出し、便と一緒に体外へ追い出してくれるのです。その結果、多くの女性が悩んでいる便秘の解消が期待できるのです。

フコイダンについて

ページのトップへ戻る